フォナック オーデオ ルミティ

会話が輝きだす、ルミティ

mute

   

ことばの理解の進化を体験する

聞こえづらい状況はさまざまです。市場調査(MarkeTrak IX)によると、補聴器装用者は、補聴器の使用によって社会的なメリット(グループ活動に参加しやすくなる、人間関係にプラスに働くなど)が得られたと報告しています。2

フォナック独自のスマートスピーチ テクノロジーを備えたオーデオ ルミティにより、さまざまな音環境でことばの理解が改善され、楽に会話できるようになります。1

スマートスピーチ テクノロジーの詳細

 
 

フォナックとともに成功の道を歩みましょう。

将来を見据えたビジネスの成長に向けて、フォナック サポート サービスをお選びください。

  • 目的に合った学習コンテンツをご用意しています。
  • ビジネスに関する専門的なデータや、ベストプラクティスのベンチマークを受け取りましょう。
    • フォナックメルマガ「Life is on for professionals」 登録はこちらから

 

詳細についてはフォナックの担当者にお問い合わせください。

取扱店になるには

フォナックとともにあなたのビジネスに光をあてる
 
フォナックとともにあなたのビジネスに光をあてる
 

顧客の体験を最適化する

デジタル サービスを活用することで、ルミティ補聴器で顧客の体験を最適化できます。

  • ユニバーサル コネクティビティ:複数の Bluetooth® 対応機器に接続できる便利なユニバーサル コネクティビティ
  • 健康上の利点:マイフォナック アプリの新しく生まれ変わったヘルス データ追跡機能により、歩数、活動レベル、歩行距離・走行距離、装用時間などを追跡記録
  • リモートサポート: 遠隔から、顧客の聞こえをカスタマイズ
ユニバーサル コネクティビティ、健康上の利点、リモート ケアのデジタル サービスを活用
 
ユニバーサル コネクティビティ、健康上の利点、リモート ケアのデジタル サービスを活用
 

あらゆる方向からの音声を正確に検出
 

後方および横からの音声を聞き取れるようにサポートする技術的特徴


スピーチセンサーは、その自動機能により、後方および側方からの音声をさらによく聞こえるようにします。

 

さらに詳しく

 

騒音下での集中を改善

 

前方からの会話を聞き取れるようにサポートする技術的特徴


ステレオズーム 2.0は、聞き取り困難な環境でも、前方からの音声にさらに集中できるようにします。
 

さらに詳しく

 

聞くための努力が軽減

 

騒音下での聞くための努力を軽減できるようにサポートする技術的特徴


アダプティブフォナックデジタル(APD)2.0は、軽度から高度の難聴を抱える人を対象に、騒音下で聞くための努力を軽減します。3*
 

さらに詳しく

 

AI をベースとした自動機械学習
 

音声最適化を用いてサポートする技術的特徴


オートセンス OS 5.0は、音環境を正確に識別し、それに特化した設定(200以上の組み合わせ)を作成します。

さらに詳しく

 
 
 

フォナック初の完全充電可能な一連の製品で、未来が輝く。

充電式補聴器は、あなたや顧客、環境にとって良い補聴器です。フォナック ルミティには、以下の充電オプションが用意されています。

フォナック チャージャー Ease - 補聴器を早く充電できる補聴器用充電器

フォナック チャージャー Ease

オーデオ L-R 補聴器をたった3時間で充電できるので、顧客は聞こえを一日中楽しめます。

 
 
 

ロジャー オン

PH_Packshot_Roger_On_front_perspective_056-3010-P5.jpg

ロジャー オンは、背景雑音が存在する場合や、話者との距離が離れている場合のあらゆる会話に特化した多用途マイクロホンです。

マイフォナック アプリ

PH_Pic_smartphone_myphonak_5.0_app_three_functions_01_replaced_with_4.0.jpg

顧客は、高度なリモコン機能などを用いて、聞こえ体験をカスタマイズしたり、補聴器を微調整したりできます。

ワイヤレスアクセサリー

Packshots.png

途切れることなく接続を保つことが非常に重要です。ワイヤレスアクセサリーを利用すれば、顧客が求めるサポートを強化することができます。

フォナックの哲学「Well-Hearing is Well-Being™(ゆたかな聞こえ、しあわせな暮らし)」

フォナックは、良い聞こえはウェルビーイングと直結しており、充実した人生を送るために不可欠な要素であると考えています。年齢や難聴の程度にかかわらず、すべての人々が社会との関わりを保ち、豊かな心を育むことができるように、フォナックは革新的な聞こえのソリューションをお届けしています。

さらに詳しく

 
 

脚注

*フォナック マーベルとの比較
**水深最大50 cm

1. Appleton, J. (2020) AutoSense OS 4.0 - significantly less listening effort and preferred for speech intelligibility. フォナック フィールド スタディ ニュース、2022年8月に www.phonakpro.com/evidence より入手。

Latzel, M. & Hobi, S. (2022) ActiveVent™ Receiver provides benefit of open and closed acoustics for better speech understanding in noise and naturalness of own voice perception. フォナック フィールド スタディ ニュース、2022年8月に www.phonakpro.com/evidence より入手。

Thibodeau L.M. (2020) Benefits in Speech Recognition in Noise with Remote Wireless Microphones in Group Settings. Journal of the American Academy of Audiology, 31(6), 404–411.

Woodward,J and Latzel, M (2022) New implementation of directional beamforming configurations show improved speech understanding and reduced listening effort. フォナック フィールド スタディ ニュース(準備中)。2022年末に公開予定。

2.Abrams, H.B., & Kihm, J. (2015). An Introduction to MarkeTrak IX: A New Baseline for the Hearing Aid Market. Hearing Review, 22(6), 16. 2021年3月25日に https://www.hearingreview.com/2015/05/introduction-marketrak-ix-new-baseline-hearing-aid-market/ より入手

3. Wright, A. (2020). Adaptive Phonak Digital 2.0: Next-level fitting formula with adaptive compression for reduced listening effort. フォナック フィールド スタディ ニュース、2021年10月18日に www.phonakpro.com/evidence より入手。

Bluetooth® のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc. が所有する登録商標です。Sonova AG は、使用許可を得てこれらのマークを使用しています。